ヴァリエの特徴

お客様と共に進むWEBサイトプロダクション

本当に必要なものは何かを常に磨く

たとえお客様からのご要望であっても、言うべき時には「不要です」「こうしたほうがいい」とアドバイスする事。不要・誇大なものを作る作業費で利益を得るより、両者の信頼関係から生みだされる真に必要なコンテンツが大切だと感じます。

広告費という予算の大切さをご理解いただく

作ったまま放置されるホームページが多い事実は、制作費で息切れするクライアントを正しい方向へ導けない制作者の責任です。ホームページ制作予算が30万円が限度なら、無理するより軽く15万円で作って15万円を更新とメディア露出に使うほうが効果があるかもしれません。制作費ではなく=広告費であり、費用対効果のある予算を組む事が私たちのポリシーです。

驚きを持って抑えられるアイデア

固定概念ほど危険なものはありません。広告にとって大切なのは、【誰に?=ターゲット】【何の為に?=目的】が明確である事です。「ホームページ屋」に依頼するのではなく、広告屋にPR方法を聞く事が大切です。その商品はホームページで紹介するよりも駅前でデモをするほうが効果ありませんか?

100%お客様を分析追求

今やホームページの役割は、単なる情報公開に留まりません。企業と生活者との全てのコミュニケーションの中心として機能する事が求められています。マスメディア/印刷物紙媒体/店頭の全ての分野を融合したプロモーションを行える企画力とノウハウを持つヴァリエが、ローコストで息の長い広告プロモーションをご提案します。

「せっかく作ったホームページをもっと広めたい」「チラシやカタログのデザインも統一したい」「デザイン費を節約したい」ヴァリエでは、社内DTP事業部の連携により、紙媒体のデザインと印刷も可能です。 お客様のブランディングに是非ともご利用下さい。

制作事例

お問い合わせ

メールの問い合わせはこちら